六条大麦、「麦秋(ばくしゅう)」の楽しみ方

麦秋の候、みなさまいかがお過ごしですか?
今日は季節のご挨拶にも使われる「麦秋」についての楽しみ方を
お話ししたいと思います。

福井県は、六条大麦の生産量日本一です。
日本全体の生産量の約30%を占めています。
六条大麦は、秋に種を蒔き、苗の状態で冬を越し、
春に成長した実を初夏に収穫します。
冬季に降水量が多い地域を原産とする作物ですので、
福井県の気候にぴったりの作物といえるかもしれません。
初夏は、麦にとって実が熟す収穫の秋であることから、「麦秋」と呼ばれています。

DSCN5102

連日夏日を観測し、初夏の季語である「麦秋」を迎えた福井県は、
県内のあちらこちらで大麦畑の美しい光景が広がっています。

まずは、目で見る六条大麦の楽しみ方。
おひさまの明るい日差しに輝く姿もいいのですが、私がおすすめするのは、夕暮れ時です。
大麦の穂が夕日を浴びて風にたなびくその姿は、まるで金色の草原。
風の谷のナウシカという有名なアニメーション映画のラストシーンを思い出します。

DSCN5091

「姫ねえさま、真っ青な異国の服を着て、まるで金色の草原を歩いてるみたい」
「その者、青き衣をまといて金色(こんじき)の野に降り立つべし…
あぁ、古き言い伝えは誠であった…」
などと呟きながら帰宅の途に着くこともしばしば…
声色もまねて、なりきって呟くと、さらに風の谷のナウシカ度がアップし、映画の世界に浸れます。

次は、味覚で味わう六条大麦の楽しみ方。

DSCN5107

六条大麦は食用としてもいろいろな用途があります。麦茶や麦飯、雑穀などが有名ですね。
これから暑い夏がやってきます。うだるような暑さの中で、冷たい麦茶をごくごくと飲む。
乾ききった身体の隅々にまで水分がいきわたる感覚。至福の時ですね。
とは言いましても、近年の夏の暑さは尋常ではありませんので、
こまめに水分を補給して、暑い夏を元気に過ごしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>